*No all others*

カテゴリ:*芸*( 3 )




先月の欲を今月で満たす

 先週の土曜日。

 前日に誕生日を迎えた友達を祝おうと計画(?)をし、待ち合わせを14時に設定。・・・が、しかし(いや・・・やっぱり?)数時間前から電話をかけても出ない!!いやがらせか!ってほどかけたのに、出ない!!しまいには「火事だー!起きろー!!」なんてメールで起こそうとまでしたけれど、緊張感がまったく見られないのでやめといた。

 ということで、主役抜きで行ってきた。『レオナルド・ダ・ヴィンチ-天才の実像』

 絵画は『受胎告知』のみ。第一展示室入ってすぐのところにどどーん!とあって、意表を突かれた。それにしても、この絵を二十歳のときに描いたってのがすごい。ほとんと立ち止まれない状態だったので細部まではよく見えなかったけど、全体を遠くから眺めるだけでも満足でした。

 第二展示室は、ダヴィンチの研究の様子がずぃーっと紹介されてあった。黄金比とか飛行機とか馬とか空気遠近法とか。かなりお勉強の時間です!いやー、目が疲れた。おもしろいからしっかり読んじゃうのね。

 「万能の天才」って言われてるけど、展示を見てると簡単にうすっぺらく「うん、天才!」なんて言えない研究の量。最終的に展示は絵画の話に戻ってきたんだけど、彼にとっての絵画は自分を表現するとかそういうんじゃなくて、自分の研究結果を示す場だったんだな、と。

 休憩も入れながら、3時間くらい見てたね。それでも足りなかった感がある。混んでて見るの諦めたところもあったし。最後の晩餐のところはもうちょっとよく見たかったなぁ。


 いやはや、当の本人をほったらかして私の願望で動いてしまってすみません。そのあとちゃんと合流して誕生日は祝いました。めでたしめでたし?!

 GW中はどこも混んでるから、来週あたりまたふらっとどっかに行きたいなぁ。
[PR]



by misuzu0905 | 2007-04-29 11:57 | *芸*

オルセー!いくぜー!!

先週の土曜日に行って来ました。

『オルセー美術館展』

いつものごとく、日経新聞のアンケートの先着で招待券をもらったのだけど
3月初めまで色々と忙しく、気がついたらタダで観れる期間が過ぎてた・・・。

えー!期間過ぎたら割引券になるったって、たった100円じゃないか!!

と、文句を言ってもしょうがないので、おかんと上野までぷらぷらり。


展覧会は五部構成。

親しい人たちをモデルにした Ⅰ.親密な時間

  描く人の思い、描かれる人の思い、双方が絵の中に詰まっているんだろうなぁ、なんて。
  私は解説されなきゃわからないけど・・・(苦笑)

創作活動をしてきた土地 Ⅱ.特別な場所

  やっぱり私は風景画のほうが好きみたいです。

  クロード・モネの『ルーアン大聖堂』
  これって連作だったらしい。全部並べて時間の流れを観てみたいなぁ。

何かを求めて旅立った Ⅲ.はるか彼方へ

  絵画だけじゃなく写真も展示してあって、今までにない感じの展示風景だった。

アトリエに集まる人々を描いた Ⅳ.芸術家の生活

  え?モネとかルノワールとか、知り合いだったの?!
  同じ時代に生きていたんだから当たり前っちゃ当たり前なんだけど。
  個々でしか認識してなかったから、なんだか変な感じがしたんだな。

不思議な空間 Ⅴ.幻想の世界へ

  ヴィルヘルム・ハンマースホイが描いた『室内、ストランゲーデ30番地』
  こういう絵のタッチは好きです。


多分2時間以上観てたんじゃないかな。お互い別行動で。
おかんとこの辺の感性が似てて良かったと思う今日この頃。

実は美術館へ向かう途中『レオナルド・ダ・ヴィンチ-天才の実像』の広告を見つけて
「次はコレだ!!むしろ今観たい!!」なんてはしゃいでました。


やっぱルネサンスやねぇ。

そやねー。


間違いない、私はおかんの子だ。
[PR]



by misuzu0905 | 2007-03-21 21:48 | *芸*

エッシャー!おっしゃー!

 先週の月曜日の話になりますが・・・

スーパーエッシャー展-ある特異な版画家の軌跡-

行ってきました!!

 思い立ったが吉日で、友達を誘ったけど予定が合わず、結局一人でブラブラ渋谷を彷徨ってきました。Bunkamuraに到着したら、もうそこからすごい人。まじかー、寄り道してる場合じゃなかったなぁ・・・なんて思いながら、結局チケット購入に1時間並んだ。うへぇ。

 近くにいたカップルが「学生だからってこんなに安くなるんだぁ。今のうちにいっぱいいっとかなきゃね!」なんて話してた。まったくその通りだよ、学割ってすごいよ。ズルイよ。

 そういえばこの前映画を観に行って驚いたよ。一般って1800円もするんだね。いつも前売りとかで観てたから。割引で1600円になったんだけど「高っ!」って思ってしまった。

 話がそれてしまいましたね、はい。

 エッシャーといえば「だまし絵」で有名だけど、それ以前に描いてた30代の頃の風景画がとても綺麗でした。エッシャーはリトグラフ(石版画)よりも木版画のほうが好きだったみたいです。濃淡が綺麗に出ているリトグラムも素敵だったんだけど、線の太さや入れ方で遠近や光と影を表す木版もすごく印象的でした。

 線の方向を色々試していたみたいで、横線がメインの絵があったり、縦線がメインだったり(この場合、空がとてもおどろおどろしく見えた・・・)、クロス線のもあって(×××←こんなの)まるでタイル画を観てるみたいでした。

 だまし絵とか、何分割とか、観てて「おぉ!」とは思うんだけど、それを描く方法を見てもチンプンカンプン。彼の頭の中は、私には理解できないでしょう。騙されてるくらいがちょうどいいのです。ちょっと人生を悟った風に言ってみましたが、深い意味はありません。


 次回は、またアンケート先着で当たってしまいました、「オルセー美術館展」に母と行く予定です。印象派♪ルノワール♪セザンヌ♪♪

 月に一度、芸術・文化に触れる。幸先良い感じ。
[PR]



by misuzu0905 | 2007-01-14 16:06 | *芸*

日記 兼 らくがきちょう    毎日グルグルグルグル
by misuzu0905
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のトラックバック

ビッグ・オーとの出会い―..
from 読み聞かせしたい名作絵本
夕焼けをさがしに
from 日々夢途中
異性からみた自分占い
from きままん日記
あなたの商品企画室
from sensitive plant
成分解析
from .2ND aIR

おもちゃ箱

*本*
  地味に増加中
*手紙*
  恋文受付中
*写真*
  *Photo Room*

ファン

ブログジャンル

画像一覧